メタセコイア

メタセコイア使い方 初心者がモデリングをやってみた3-1。フライパンを作成 Metasequoia 

「メタセコイア モデリング」で検索したら、下記がサイトが出てきたのでやってみようと思います。でも、かなりバージョンが古いみたいで操作方法が変わっています。メタセコイア Ver4.6.5 64bit (2019.10.3)で説明していこうと思います。

https://howto.clip-studio.com/library/categories/view/metasequoia

メタセコイア使い方 初心者がモデリングをやってみた3-1。フライパンを作成 Metasequoia 

「フライパン」のモデリング

今回は、フライパンをモデリングします。

下絵の準備

https://howto.clip-studio.com/library/page/view/metasequoia_001_03_001

にある下絵を保存します。

サイズは512×512pixel(1:1)にする。ダウンロードしたらこのサイズでした。触る必要はないようです。

平面の作成

「面」⇒「基本図形」⇒「平面」

「作成」をクリック

平面のオブジェクトが完成しましたが、材質の「mat1」に割り当てられてないので割り当てます。

通常は「mat1」が存在しますが、もし、「mat1」がなければ「新規」をクリックして作成します。

材質の作成

「mat1」をダブルクリック。

①名前を「上面」に変更する。
②シューダを「Constant」に変更する。
③参照をクリックした「フライパン上面」の画像を選択する。
④「OK」をクリック。

シューダを「Constant」すると材質の陰影がなくなります。

フライパンの上面の下絵が表示されます。

側面の下絵の表示

フライパンの側面の下絵を表示させます。

今、表示されているオブジェクト(フライパン上面)を非表示にします。

オブジェクトの「obj1」の左にある目玉をクリック

非表示になりました。

「新規」をクリックして「obj2」を作成する。

「基本図形」⇒「平面」

「作成」をクリック

回転ツールで「obj2」を90度回転させます。

「編集」⇒「回転」

青の回転ハンドル(Z軸)を、「Shift」を押したまま左クリックでドラッグすると15度づつ回転させて90度回転させます。

青の回転ハンドル(Z軸)を90度回転させました。

「obj2」には上面の下絵が設定されているので、側面の下絵に変更します。

「新規」をクリックして

「mat1」を作成し、「mat1」をダブルクリック

①名前を「側面」に変更する。
②シューダを「Constant」に変更する。
③参照をクリックした「フライパン側面」の画像を選択する。
④「OK」をクリック。

①「面」⇒「材質」
② クリック

側面の下絵が表示されました。

下絵の位置調整

「obj1」と「obj2」を表示してみると、上記の画像のように下絵が重なっています。これを位置調整します。

「オブジェクト」⇒「obj1」をクリック

「編集」⇒「回転」

クリックするとベルトが表示されます。

Y軸「緑」を、「Shift」を押しながらドラッグして90度回転させます。

上面の下絵の位置調整完了です。

側面の下絵は「X軸」を90度回転させます。

回転完了です。

「編集」⇒「移動」

X軸 -100
Y軸  100
Z軸    0

入力

「obj1」と「obj2」を表示にする。

オブジェクトレイヤーの整理

「obj1」と「obj2」をひとつにまとめます。

「obj2」を「obj1」にドラッグ

「はい」をクリック

「obj2」が「obj1」と一緒になりました。

次に「obj1」をダブルクリック。

名前を「テンプレート」、「編集禁止にチェックを入れる。」

ライズオブキングダム 記事一覧

獅子の如く記事一覧

ワールドオブタンクス記事一覧

ブループロトコル記事一覧

人気記事




PAGE TOP