メタセコイア

メタセコイア使い方 初心者がモデリングをやってみた2-2。ワイングラスを作成 Metasequoia 

「メタセコイア モデリング」で検索したら、下記がサイトが出てきたのでやってみようと思います。でも、かなりバージョンが古いみたいで操作方法が変わっています。メタセコイア Ver4.6.5 64bit (2019.10.3)で説明していこうと思います。

https://howto.clip-studio.com/library/categories/view/metasequoia

メタセコイア使い方 初心者がモデリングをやってみた2-2。ワイングラスを作成 Metasequoia 

回転体フリーズ後の調整

回転体で出来たポリゴンは、両面ポリゴンで作られます。

面の非表示

「編集」⇒「範囲」

ドラッグでワイングラスの半分を囲む、

半分を指定して

「コマンド」⇒「編集」⇒「面を隠す」

「面を隠す」で非表示にした面を戻すには、

「隠面表示」

両面ポリゴンの片面化

両面ポリゴンを片面化してデータ容量を軽くします。

「オブジェクト」⇒「面を片面化する」

見た目は変わりませんが、696個の面が削除されました。

面の方向を統一①

ポリゴンを片面化すると、上記の画像のように表裏が逆になることがあるようです。

https://howto.clip-studio.com/library/page/view/metasequoia_001_02_005

上記ページで説明されている方法

「オブジェクト」⇒「面の方向を統一する」だと見た目に変化がありませんでした。

「選択部処理」⇒「面を反転」すると

修正できます。

面の方向を統一②

「面の方向を統一①」で上手くいかない場合は、ベルト単位で選択して表面を反転させます。

「編集」⇒「ベルト」

透けて見えている部分が表裏になっているので選択して、

「選択部処理」⇒「面を反転」

これで修正されます。

頂点のマージ

同じ位置にある頂点をまとめる処理です。

「オブジェクト」⇒「近接する頂点をくっつける」

「OK」

「OK」

見た目は全く変わりませんが、近接する頂点をくっつきました。

完成

仕上げに見た目をガラスぽくします。

「材質」⇒「mat1をダブルクリック」

① 名前を「glass」に変更

② 諸設定の数値を変更
  ○不透明度  0.7
  ○拡散光   0.6
  ○自己証明  0.3
  ○反射光   0.6
  ○反射の強さ 29
  ○周囲光   0.4

③基本色を「薄い水色にする」

④「OK」をクリック。

完成です。

本日はここまでです、
読んでもらってありがとうございます。
また、よかったら見てください。

ライズオブキングダム 記事一覧

獅子の如く記事一覧

ワールドオブタンクス記事一覧

ブループロトコル記事一覧

人気記事




PAGE TOP