メタセコイア

メタセコイア使い方 初心者がモデリングをやってみた2-1。ワイングラスを作成 Metasequoia 

「メタセコイア モデリング」で検索したら、下記がサイトが出てきたのでやってみようと思います。でも、かなりバージョンが古いみたいで操作方法が変わっています。メタセコイア Ver4.6.5 64bit (2019.10.3)で説明していこうと思います。

https://howto.clip-studio.com/library/categories/view/metasequoia

メタセコイア使い方 初心者がモデリングをやってみた2-1。ワイングラスを作成 Metasequoia 

ワイングラス 基本図形からのモデリング

メタセコイアでワイングラスを作成します。

https://howto.clip-studio.com/library/page/view/metasequoia_001_02_001

下絵の読み込み

ワイングラスの下絵を保存して、

左上の「初心者」をクリック ⇒ モデリング(文字)をクリック

下絵をクリック

「読込」をクリック

ファイルが開くので、

背景色の変更

「ファイル」⇒「環境設定」

設定画面が開くので、

「表示」⇒「背景」⇒「変更」⇒「好みの色を選択」⇒「OK」⇒「OK」

材質の設定

オブジェクトパネルを使用します。

材質パネルを使用します。

材質パネルの「設定」をクリック。

グラスの質を出すために材質の設定を変更します。

「不透明度:1.0」、「拡散光:0.6」、「自己照明:0.4」、「周囲光:0.25」

に設定して、「OK」をクリック。

これから新規で作成される材質を常時、上記の設定にします。

材質パネルの「他」⇒「標準材質をして設定」をクリック。

「OK」をクリック。

面の生成(ツールの選択)

「F2」で視点を正面にする。

「面」⇒「面の生成」、

「表」「2点の辺」を選択。

グラスの形に沿って辺を作成

グラスの面に沿って、左クリックをします。

もし、左クリックするごとに前の点が消える症状がでたら、

左上の「点」「辺」「面」を表示にする。

もし、途中で途切れた時はマウスを近づけると点が黄色に変わるので、左クリックすると再開できます。

辺の形を整えます

「辺・点」⇒「ナイフ」

気になる箇所をナイフでカット

頂点が追加されます。

「編集」⇒「移動」

ドラックして調整します。

座標の調整①

「Ctrl」+「A」で、

全てを選択。

「選択部処理」⇒「頂点の位置を揃える」

「Z軸を0」にして「OK」

「編集」⇒「範囲」

センターに当たる2つの頂点を選択するように範囲指定する。

「X軸を0」にして「OK」

回転体の設定

「obj1」をダブルクリック

「回転体を適用」「Y」「角数 24」にする。

ワイングラスの形が出来ました。

もし、できない場合は「面」にチェックが入ってないかも??

 回転体のポリゴン化

回転体で作成されたポリゴンは、編集等に向かないので編集出来るポリゴンに変換します。

「オブジェクト」⇒「曲面・ミラーのフリーズ」

「回転体」にチェックが入っていることを確認して、「OK」をクリック。

ワイヤーフレームが表示されなかったポリゴンが、フリーズすることでワイヤーフレームが表示され編集可能になります。

本日はここまでです、
読んでもらってありがとうございます。
また、よかったら見てください。

 

ライズオブキングダム 記事一覧

獅子の如く記事一覧

ワールドオブタンクス記事一覧

ブループロトコル記事一覧

人気記事




PAGE TOP